*

ポップヨシムラの思い出3

ポップヨシムラの工場

 

世界のゴッドハンドと言われたポップヨシムラ。その福岡県福岡市博多区の修理工場、兼店舗は吉村家の敷地の東の端にありました。向かって右手は公園の階段で、西側がお兄さんの鉄工所、さらに西側にお兄さんの自宅、また西側がポップの家でした。工場はスレート葺きの簡単な建物でした。

工場はスレートの灰色と古いエンジンオイルの黒色の風景でした。工場の表はカーテン型の、鉄製の吊り下げの引き戸で、工場の右手は古いバイクが何台も置いてあり、左側が万力がいくつもある作業台とポップの机でした。

私は家に帰って父ちゃんに「なしてあの古いバイクは修理ばして売らんと?」と質問すると、「あのバイクから部品ば集めて他のバイクば修理するとたい」。子供ながらに大量のバイクを修理もせずに置いたままなのはもったいないと思っていました。

日中のポップはお弟子さんと部品をいじってることが多く、私は道路の反対側で毎日遊んでいました。当時の道路は当然舗装などなく泥道ですが、ポップの工場の前だけが真っ黒な道路でとても強いエンジンオイルの臭いがするんです。今なら苦情の対象になりそうな話しですが、ポップはバイクのエンジンオイルを交換して古いオイルをよく道にまいていました。家に帰ってから父ちゃんにそのことを聞いてみると、「それは道路のホコリが立たないためと、雨が降った時に車が走ると小さな穴から水がはねて穴がどんどん大きくならないように固めてるんだ」という答えでした。

 

12202340_928275840584543_1833171045_n

工場の前で一日じゅう遊んでいると、たまにポップがやってきて私をくすぐります。私は親から「絶対に工場には入るな」と言われてました。それは仕事の邪魔をしてはいけない、というよりも、敗戦してしまった日本を占領してるアメリカ人への恐怖や悔しさがあったのでしょうが、私は生まれた時からアメリカ人がいる町に育ち、流暢に博多弁を話すアメリカ人の子供たちと毎日のように遊んでいましたので、アメリカ人に何の違和感もありませんでした。

夕方あたりになると続々とアメリカ人が乗ったハーレーが何台もやってきます。夜遅くまで明かりがあったようなのでビールでも皆で飲んでいたのでしょう。

それは遠い昔、昭和37年ころの風景です。

スマホ

line

LINEモバイル

関連記事

ポップヨシムラの思い出1

ポップ吉村の思い出1   私が生まれたのは福岡県福岡市の雑餉隈という町です。私の記

記事を読む

ポップヨシムラの思い出2

アメリカの駐留軍の町 雑餉隈(ざっしょのくま)   福岡市博多区の南のほうに雑餉隈

記事を読む

スマホ

line

LINEモバイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スマホ

line

LINEモバイル
薄毛ハゲの育毛をノコギリヤシのサプリで効果のレビュー

O型のハゲ(カッパ型の薄毛)。 いやはや

アンドロイドスマホ 富士通arrows m03 の画像をパソコンに取り込む方法

arrows m03 とパソコンの接続

2017年 LED電球が安くなってきてます 思い切って交換

LED電球って? LED電球がお安くなってきてま

京都からの贈り物 辻が花 花点心は高級な味

京洛 辻が花 「花点心」 うまいもの 京都在住の方か

滋賀県から送っていただいたお米「ミルキークイーン」はもちもち

滋賀県産ミルキークイーン 滋賀県の方から送っていただきま

→もっと見る

PAGE TOP ↑